「創価学会を斬る」を読んで

こんばんわ!遵法系MAD作者の、[まいまい]でー!

大分前から読んでた、「創価学会を斬る」ようやく読み終わったので、感想でも書こうかと思って記事書いてます☆

さて、ちょこっと自分のツイート検索してみたんですが、この本買ったのが

次の商品を購入しました:藤原 弘達 『創価学会を斬る (1969年) (この日本をどうする〈2〉)』 via @amazonJP https://t.co/Cb0PJRJODC

— (まいまい) (@Maimai22015) 2017年1月19日

のツイートにある通り1月なんですよねw

この程度の本読むのに半年も掛かるとか何やってんだよw


さて、この本ですが、発行されたのが(妨害に遭ったのも)1969年と48年も前の本なんですね。

そのせいもあってやっぱり時代を感じる内容でしたね。今では聞いたこともない政党名が出てたり、今とは全然政治情勢が違ったり(当時の公明党は当然与党では無かった)

当時の創価学会、公明党の状況を知る良い歴史資料だと思いながら読みました。

なかなか楽しい本でしたよ。エア本民というよりも新宗教オタク向けな本です。

興味があるなら中古が安く売ってるので読んでみるのもありかも。


本の内容とはあんま関係ないけど、

「与党を批判するためだけに存在する野党」

てな趣旨の記述があって、時代は変わんないなぁwと思いました。

以上。創価学会を斬るを読んだ感想(?)でした。ノシ

コメントする?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です