第一回私的YTPMV講座(その六)

動画編

それでは動画を作っていきます。

YTPMVにおける動画は、基本的に「音素材と同じ動画素材を並べる」の繰り返しで作ります。
配置方法はセンスに任せます。(私のようなセンス無い系MAD作者にとっては辛い作業です。)
今回は単純な曲なので適当に(雑にという意味でなく)配置します。

/mad1

mad2
とりあえずプロジェクトの設定とBPMグリッドの設定を先にやっちゃます。

①背景
背景画像は何となくその曲にあった画像にすべきでしょう。
また、なるべく高画質な画像が望ましいですね。

ただ、この曲のイメージが良く沸かなかったので(笑う)適当な画像にしました。
mad3
これはいつだったか北海道に旅行に行った時の画像かな?

②堀江パート
堀江パートを作ります。まず、シーンを作って以下の画像の様に設定しました。
mad4
あとはこれをひたすら繰り返したものを3つ並べます。
mad5
中央の堀江のX座標は0左右の堀江はX座標の値が±450くらいに設定しました。
これをひたすら並べるだけ。
何の捻りもない。

③パーカッション類
これも音に合わせてシーンに配置するだけです。
特に書くべきことはありません。

④パートを配置
これまで何も考えずに各パートごとに作りましたが、それらを一つに配置します。
まず、中央に堀江パートを配置します。
次に今回は四隅に配置しようと思います。
ポイントはマウスでドラックして配置せずに、X,Y座標を元に配置することです。
X軸をマイナス1倍すればちょうど左右反対の側に行きますし、Y軸をマイナス1倍すればちょうど上下反対の側に行きます。
mad6
また、すべてのパートにシャドーをかけてます。

⑤主旋律の配置
主旋律だけは別に配置しました。
まず、柴田のBBを作りました。
mad7
これを音に合わせて配置します。
その後、グループ制御で動きまわらせます。

一部のオブジェクトにはラスター、色ずれ、ぼかしが掛かってます。

⑥ワンショット素材の配置
最後です。
900とバァッの素材を配置します。

拡大率と回転を加減速移動で移動させたものを3つずつ並べた。
これで動画も完成です。(動画作業時間三時間ぐらい)

コメントする?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA